文化をめぐる−広島県の文化資源−

ブンカッキーネットへ

Windows Media Playerを入手するAdobe Flash Playerを入手する

本サイトを最適な環境でご覧いただくためにはMicrosoft Windows Media Player Adobe Flash Playerが必要です。

トピックス一覧

イベント : 子どもと考える文化財の活用〜「親子のための『旧日本銀行広島支店』改修工事見学会とワークショップ」〜

掲載日時: 2009年09月18日

 本サイト内でも、歴史文化「史跡」のページを始めとし、数多くの文化財を紹介しています。
 なぜ、文化財を守り、次の世代に継承していく必要があるのでしょうか?
 それは、文化財が単に過去の理解に欠くことのできないものであるにとどまらず、現在に生きる私たちに何かを語りかけてくれるからではないかと思います。
 広島市で、文化財を活用したユニークな事業が実施されます。次代を担う子どもたちは、文化財と向き合い、何を考えるのでしょうか?
 「親子のための『旧日本銀行広島支店』改修工事見学会とワークショップ」を主催する広島市市民局文化振興課の岡崎さんにお話をうかがいました。

続き... | 残り4138バイト | 詳細を見る

イベント : 和太鼓による新しい文化の創造〜しまなみ海響祭2009〜

掲載日時: 2009年09月04日

 日本唯一の内海である瀬戸内海は、古くより、人・物、そして文化の行き交う交通の大動脈でした。中世、この内海交通を掌握したのが、因島(広島県尾道市)、能島(愛媛県今治市)、来島(愛媛県今治市)を拠点として活躍した村上水軍です。その数々の文化遺産は今に継承され、その内の一つに水軍太鼓があります。船団は、太鼓の音に合わせて船を進め、また、太鼓の合図で戦法を伝えて陣形を作ったと伝えられます。
 広島県と愛媛県とを結ぶしまなみ地域では、この水軍太鼓の保存・継承を目的とした団体を始めとし、数多くの多彩な太鼓団体が活動しています。それら団体が、平成15年度にスタートした「新世紀・しまなみ海道事業」(広島県がしまなみ海道沿線の自治体、和太鼓団体等に呼びかけ3ヵ年計画で実施)を機に一丸となりました。和太鼓による、しまなみからの新しい文化の創造・発信を目指し、連携した取り組みが行われています。その柱は、広島県出身で世界的な和太鼓奏者・林英哲氏に作曲を依頼した「海の豊饒〜しまなみ海道によせて」(平成16年3月完成)の合同練習および普及です。曲の完成から5年という月日が過ぎた今、その練習の成果が新しい舞台となって結実します。


続き... | 残り4490バイト | 詳細を見る

イベント : 伝統芸能“神楽”を守り、未来へとつなぐ人々〜ドキュメンタリー映画「道」完成披露上映会〜

掲載日時: 2009年08月12日

 近年、競演大会などのイベントも増え、着実にファンを増やす広島の神楽。しかし、この神楽人気の影には、地域の伝統芸能である神楽を守り、後世に継承しようとする人たちの努力が隠されています。
 広島県内でも特に神楽の盛んな県北部は、少子高齢化や過疎化が進んだ地域でもあります。NPO法人神楽芸術研究所が2006年に広島県及び島根県の神楽団体に対し行なったアンケート調査によれば、多くの団体が「後継者不足」「団員不足」「団員の高齢化」等の悩みを抱えていることがわかりました。
 そのような課題を抱えながらも、日々練習に励み、後継者の育成に力を尽くす神楽団。その日常に密着したドキュメンタリー映画「道〜吉田神楽団の挑戦」が制作されました。
 同映画の撮影・編集を担当された近永深生(みゆき)さんにお話をうかがいました。

続き... | 残り4762バイト | 詳細を見る

イベント : 尾道の魅力〜「尾道…セピア色の記憶―絵葉書に見るありし日のオノミチ―」展〜

掲載日時: 2009年08月05日

 尾道は、古来、瀬戸内海屈指の港町として栄えてきました。室町時代初期の武将今川了俊(いまがわりょうしゅん)は、九州探題(きゅうしゅうたんだい)として西に下る途中尾道に立ち寄り、山の麓に家々が網を干す庭もないほどところ狭しと立ち並び、港には遠国の船が多く出入している様子を紀行文『道ゆきぶり』に書き記しています。
 このように、瀬戸内海交通の要衝として栄えた尾道には、海運業などに携わる富裕者も多く住み、その資力によって次々と寺院が建立されました。そして、今もなお、西の小京都と呼ばれるほど多くの寺が点在しています。
 港町であり、寺の町でもある尾道はまた、志賀直哉や林芙美子などの著名な文学者が滞在し、数多くの作品を残した“文学の町”としても知られています。
 様々な顔を持ち、現在も多くの観光客を惹きつける尾道。その魅力について尾道学研究会事務局の林さんにうかがいました。

続き... | 残り6386バイト | 詳細を見る

イベント : 菅茶山の漢詩を絵画に〜「第16回茶山ポエム絵画展」優秀作品の展示〜

掲載日時: 2009年07月17日

 菅茶山は、江戸時代の朱子学者で、詩文に優れ、家塾(後の「廉塾」)を開き、多くの子弟を教育した人物として知られています。
 茶山の詩の作風は、「実境を写し、実感を歌う」ことを信条とした平明かつ写実的なもので、代表作である漢詩集『黄葉夕陽村舎詩』三篇は当時の大ベストセラーになりました。当時の詩壇では、見たものを自然に、心のままにうたおうという潮流があり、茶山の詩は新しい感覚の詩として高い評価を受けていました。
 この郷土が誇る偉大な先人の業績を若い世代に継承したいと、菅茶山顕彰会・茶山ポエム絵画展実行委員会が、平成5年度より毎年、「茶山ポエム絵画展」を開催しています。

続き... | 残り3234バイト | 詳細を見る

« 1 ... 16 17 18 (19) 20 21 22 23 »