文化をめぐる−広島県の文化資源−

ブンカッキーネットへ

Windows Media Playerを入手するAdobe Flash Playerを入手する

本サイトを最適な環境でご覧いただくためにはMicrosoft Windows Media Player Adobe Flash Playerが必要です。

トピックス一覧

インタビュー : 広島文化賞新人賞受賞記念公演「Crystal ヴァイオリン・リサイタル」

掲載日時: 2009年01月18日

広島県呉市出身、27歳という若さで数々の輝かしい受賞暦を持ち、現在、大阪フィルハーモニー交響楽団首席コンサートマスターを務めておられる長原幸太氏。この度、2009年2月7日に開催される広島文化賞新人賞受賞記念公演「Crystal ヴァイオリン・リサイタル」を前に、インタビューを行いました。

続き... | 残り2427バイト | 詳細を見る

インタビュー : 創立50周年記念公演を終えて(栗栖神楽団)

掲載日時: 2007年05月22日

神楽団 継続のひけつ
〜創立50周年記念公演を終えて〜

 廿日市市で活動する栗栖神楽団が、平成19年4月にオープンしたばかりの「さいき文化センター」(廿日市市津田)で、4月15日(日)、創立50周年記念公演を開催しました。その様子や、後継者の育成などについて、団員の松村さんにお話を伺いました。

続き... | 残り4451バイト | 詳細を見る

インタビュー : 「第十六回 尾道薪能(5/12)」にむけて

掲載日時: 2007年04月24日

 1992年以来、毎年開催されている「尾道薪能」。
今年も、5月12日(土)の18時より浄土寺阿弥陀堂で開催されます。今や尾道の春の恒例文化行事となり、尾道市の文化振興や観光振興にも貢献しています。
この「尾道薪能」を支えているのが、尾道薪能実行委員会のみなさんです。このたび、その功績により、広島文化賞を受賞しました。この賞は、財団法人ひろしま文化振興財団が広島県内の地域文化の向上、普及に貢献した個人・団体に贈呈しているものです。広島文化賞受賞記念ともなった第十六回の演能ですが、その抱負や「尾道薪能」の魅力について実行委員会会長の堀田克介さんに語っていただきました。

続き... | 残り2638バイト | 詳細を見る