文化をめぐる−広島県の文化資源−

ブンカッキーネットへ

Windows Media Playerを入手するAdobe Flash Playerを入手する

本サイトを最適な環境でご覧いただくためにはMicrosoft Windows Media Player Adobe Flash Playerが必要です。

トピックス

お知らせ : 連続セミナー第5回「平山郁夫シルクロードスケッチ紀行 トルコ・カッパドキアウフララ渓谷の中世修道院洞窟」

掲載日時: 2010年10月21日

故平山郁夫画伯の絵画作品をとおして、画業や足跡に触れながら国内外の業績を学ぶ「平山郁夫連続セミナー」。今回は、なかなか足を運ぶ機会のないトルコ・カッパドキアのウフララ渓谷が登場します。広島にいながらカッパドキアへ「旅気分」。存分にお楽しみください!!

 第5回のテーマは「平山郁夫シルクロードスケッチ紀行 トルコ・カッパドキアウフララ渓谷の中世修道院洞窟」

 カッパドキアは、トルコの首都アンカラの南東にあるアナトリア高原の火山によってできた大地です。キノコの形をした奇岩のあるギョレメ国立公園や岩窟教会は特に有名です。ウフララ渓谷は、カッパドキアの中心地・ウルギュップやギョレメの町からは約100kmも離れた場所にあり、切り立った岩が連なる緑多い渓谷で、洞窟教会も多数残されています。
 平山画伯は、1966年、東京藝術大学第1次中世オリエント遺跡調査団に参加してトルコ・カッパドキア地方の壁画を模写しました。
 今回、画伯によるウフララ渓谷の「匂う教会洞窟」に描かれた壁画の模写や、現在の現地の様子などについて、平山郁夫美術館・研究員の松哲さんがわかりやすく解説します。

●日時:2010年11月6日(土) 10:00〜11:30
●参加費:500円
●会場:鯉城会館(広島市中区大手町1-5-3 広島県民文化センター)
●問合せ先:平山郁夫セミナー実行委員会((公財)ひろしま文化振興財団、平山郁夫美術館)082-249-8385

【次回最終回 会場:鯉城会館】
■第6回 12/4(土) 講師:平山助成(平山郁夫美術館館長) 
「平山郁夫からのメッセージ〜平和への思い〜」