文化をめぐる−広島県の文化資源−

ブンカッキーネットへ

Windows Media Playerを入手するAdobe Flash Playerを入手する

本サイトを最適な環境でご覧いただくためにはMicrosoft Windows Media Player Adobe Flash Playerが必要です。

トピックス

イベント : 三次の妖怪、広島に来る!?〜みよし国際平和美術館作品展〜

掲載日時: 2007年07月09日

以前トピッククスでご紹介したみよし国際平和美術館の作品展が、広島市中区の広島県民文化センター2階の文化情報コーナーで、7月6日より始まりました。

江戸時代に現在の三次市を舞台に創作された『稲生武太夫物怪録』を題材とした作品などが展示されています。

会期は、8月1日の午前12時までです。長年地域の人々に愛され、伝承されてきた物語が、現代的な感覚で表現され、ユニークな魅力を醸し出しています。

そのほか、ブラジルより来日し、現在は三次市に暮らすヘジーナ・ヒガさんの三次市を描いた作品や、“平和への願い”をテーマとした作品なども展示されています。

地域の文化を愛し、芸術を愛し、世界の平和を願うみよし国際平和美術館による広島市への出前作品展とも言えます。ご興味のある方は、足を運ばれてみませんか。

◆お問い合わせ先:(082)249−8385【(財)ひろしま文化振興財団】