文化をめぐる−広島県の文化資源−

ブンカッキーネットへ

Windows Media Playerを入手するAdobe Flash Playerを入手する

本サイトを最適な環境でご覧いただくためにはMicrosoft Windows Media Player Adobe Flash Playerが必要です。

トピックス

イベント : 2019年度企画展『藍のしごと−筒描TSUTSUGAKI−』

掲載日時: 2019年06月10日

しんいち歴史民俗博物館は、4月27日(土)より企画展『藍のしごと−筒描 TSUTSUGAKI−』を開催しています。

 木綿に藍染めの織物は、江戸時代中期以降、木綿と藍の栽培の普及と共に、その技法が大きく発達し、日常生活や神仏奉納や祭礼のための布、婚礼調度や晴れ着などが作られ、日本各地で親しまれました。
 丈夫で身近な木綿に、子や孫の健やかな健康や幸せの祈りを込め、年に一度の祭礼や、一生に一度の祝儀の日に精一杯の「晴れ」の支度をする。紺屋の手により、木綿一面に描かれた逞しくもおおらかな吉祥の図柄、多様な色に染め分けられた藍の色など、筒描を中心に、型染、絣など様々な技法でつくられた藍染め木綿の奥深さをご覧いただきたいと思います。
(左下写真)チラシ (右下写真)筒描夜着 桐に鳳凰

















【期 間】2019年4月27日(土)〜7月15日(月(祝))
【時 間】9:00〜17:00
【休館日】毎週月曜休館(月曜祝日の場合は、その翌日)
【会 場】福山市しんいち歴史民俗博物館(福山市新市町大字新市916番地)
     第1展示室
【入館料】無料
【問合せ】福山市しんいち歴史民俗博物館 0847−52−2992