文化をめぐる−広島県の文化資源−

ブンカッキーネットへ

Windows Media Playerを入手するAdobe Flash Playerを入手する

本サイトを最適な環境でご覧いただくためにはMicrosoft Windows Media Player Adobe Flash Playerが必要です。

トピックス

イベント : みよし風土記の丘ミュージアム(広島県立歴史民俗資料館)夏の特別企画展 『さかなクンと大冒険!−知ろう!山・川・海のつながり−』

掲載日時: 2016年07月01日

 私たちは太古の昔から川とともに生活し、川から多くの恩恵を受けてきました。飲み水や農業用水、おいしい川魚などはその代表的なものです。
 広島県立歴史民俗資料館(三次市)では、子どもたちが自然と接する機会が多くなる夏休みに、楽しみながら川や魚に触れていただく展示会を企画しました。

 8月28日(日)まで開催する同企画展は、人気タレント「さかなクン」といっしょに江の川を冒険し、山・川・海と魚が織りなす自然の素晴らしさを御覧いただきます。さかなクンのイラストなどによって、魚や山・川・海の自然を紹介するとともに、自然とともに生きその恵みを生活に活かしてきた人々の知恵を紹介する他、魚をテーマにしたゲームやワークショップなどを楽しんでいただくコーナーもあります。

導入「これ!なんだ」
 魚や自然、人々が生み出した魚を獲る道具などについてのクイズを解きながら、みなさまを「さかなの世界」にいざないます。
第1章「さかなクンが見た川と魚」
 「クニマス」の研究者としても有名な、東京海洋大学名誉博士「さかなクン」が描いた魚のイラストなどをとおして、さかなクンが見た魚の世界を御覧いただきます。
第2章「川のさかなを調べてみよう」
 川から海へ出た鮭(サケ)はどこまで旅をするのでしょう?鮎(アユ)の赤ちゃんはどこで育つのでしょう?魚の生態に関する疑問を、わかりやすく解き明かします。
第3章「さかなと知恵くらべ」
 魚をとることは、まさに人と魚のかけ引き、勝負です。どうすれば狙った獲物がとれるのか?!魚をゲットするためのさまざまな工夫について考えます。

 右上の画像は、平成25年11月にさかなクンが広島県立歴史民俗資料館で描いたイラストです。今回の展示会では、さかなクンが描いたワクワクする魚の世界のイラストを、たくさん御覧いただきます。ぜひお越しください。
(広島県立歴史民俗資料館学芸課長 田邊英男)

『さかなクンと大冒険!−知ろう!山・川・海のつながり−』
【会期】7月1日(金)〜8月28日(日)
【時間】9:00〜17:00(入館は16:30まで)
【休館】毎週月曜日(7月18日と8月15日は開館)
【会場】みよし風土記の丘ミュージアム(広島県立歴史民俗資料館)(三次市小田幸町122)
【料金】一般500円(400円)、高・大学生380円(300円)、小・中学生250円(200円)
※( )は20名以上の団体料金
【問合せ先】みよし風土記の丘ミュージアム(広島県立歴史民俗資料館)0824-66-2881

関連行事
■記念講演会「ふしぎがいっぱい!さかなの世界」
日時:8月6日(土)14:00〜16:00
講師:高田浩二(福山大学海洋生物科学科教授)
料金:無料(但し、展示の観覧には特別企画展の入館料が必要です。)
■展示解説会
日時:(1)7月24日(日)14:00〜/(2)8月14日(日)14:00〜
講師:みよし風土記の丘ミュージアム学芸員
料金:特別企画展の入館料が必要です。
■各種コーナー・ワークショップ等
(1)記念撮影(鵜匠衣装)コーナー
(2)子ども絵画コーナー
(3)アユつかみ捕り(関連イベント)
(4)川魚料理を作って食べて(関連イベント)
ほか、お楽しみ盛りだくさんです。詳しくは広島県立歴史民俗資料館HP を御覧ください。