文化をめぐる−広島県の文化資源−

ブンカッキーネットへ

Windows Media Playerを入手するAdobe Flash Playerを入手する

本サイトを最適な環境でご覧いただくためにはMicrosoft Windows Media Player Adobe Flash Playerが必要です。

新庄の宮の夫婦楠(しんじょうのみやのめおとぐす)

 広島市内から可部に通ずる国道54号沿いの、祇園大橋手前にある新庄の宮に、うっそうと茂ったクスノキが2本ある。付近の住民から夫楠(おとこぐす)、婦楠(おんなぐす)と呼ばれ親しまれている大木で、高さはともに約30メートル、胸高幹囲はそれぞれ6.5、5.5メートルに達し、社叢(しゃそう)とともに県天然記念物に指定されている。
 境内には、クスノキの他に、タブノキ、サカキなどの常緑広葉樹や、ケヤキ、ムクノキ、エノキ、ムクロジなどの落葉広葉樹が生じている。
img02h.jpg

前のページへ戻る