文化をめぐる−広島県の文化資源−

ブンカッキーネットへ

Windows Media Playerを入手するAdobe Flash Playerを入手する

本サイトを最適な環境でご覧いただくためにはMicrosoft Windows Media Player Adobe Flash Playerが必要です。

尾関山公園の桜(おぜきやまこうえんのさくら)

 「この山の 桜にむかひ 流れくる 川ひろくして 水のひかれる」これは歌人中村憲吉が詠んだ歌であるが、四季の風物にめぐまれた三次の春は、尾関山のサクラに始まる。
 春を彩る日本の花の代表とされるのはサクラである。古くは中国大陸の思想に習いウメがそれであったが、平安時代以後になるとサクラがそれにとって代わり、酒を愛でつつ桜樹の下で春の一日を過ごす習慣が日本人の間に生まれたようである。ただ、それの本来は酒を愛でるための観桜ではなく、古代のウメに対すると同様に、梅樹、さらには桜樹の霊力によって招福除災を願うという信仰に基づいたもの、またはサクラの花の開花の様子によりその年の気候を占い、イネなど作物の生育を祈ったことに始まるともいう。いずれにしろ、サクラは永遠の生命を与える植物として、古くから日本人に親しまれてきた。三次市では尾関山のサクラとして市民に親しまれているこの花を、市の花に制定している。
img49h.jpg

前のページへ戻る