文化をめぐる−広島県の文化資源−

ブンカッキーネットへ

Windows Media Playerを入手するAdobe Flash Playerを入手する

本サイトを最適な環境でご覧いただくためにはMicrosoft Windows Media Player Adobe Flash Playerが必要です。

安芸津のビワ(あきつのびわ)

 安芸津のビワは、安永年間(1772〜1781)すでに植栽されていた。それは在来種といわれるものだった。「茂木(もぎ)ビワ」が導入されたのは、三津の酒造業で軟水醸造の創始者三浦仙三郎(せんざぶろう)の弟忠造が、病気療養のため長崎にとう留し、そのときビワの苗木を持ち帰って植えたのが始まり。明治38年(1905)のことである。
 明治後期には、愛媛県興居島(ごぼしま)から「田中(たなか)ビワ」がはいった。町のビワの中心は「田中種」で、90パーセントを占めている。ミカンブームに押されて一時減反したが、昭和55年(1980)頃から復活がはかられ、生産の維持に力が入れられている。
 冬季から早春に白い花が咲き、小さな毛ばだった果粒がつく。黄熟するともう夏である。
img25h.jpg

前のページへ戻る