文化をめぐる−広島県の文化資源−

ブンカッキーネットへ

Windows Media Playerを入手するAdobe Flash Playerを入手する

本サイトを最適な環境でご覧いただくためにはMicrosoft Windows Media Player Adobe Flash Playerが必要です。

女猫の瀬戸(めのこのせと)

 呉市仁方地区、旧川尻町(呉市)と蒲刈島との間にある海峡。東限は旧川尻町柏島、西限は呉市広町の荒布崎(あらめのさき)で、東西7キロメートルにわたって急流が渦巻く。旧川尻町犬戻(いぬもどし)の鼻沖の小島があたかも猫がうずくまっているように見えることから女猫島と呼ばれ、付近の瀬戸のことを猫瀬または女猫の瀬戸と呼んだのが始まりで、海峡全体の呼び名となった。女猫島の北側は特に潮流が激しかったため明治26年(1893)に旧川尻町の有志が開削したという。
 仁方町戸田の磯神社付近は牋揃櫃両須磨″と呼ばれ「呉八景」の一つに加えられるほど、松並木と砂浜の美しい海岸だった。今はその面影はないが、西方の呉市小坪の下猫崎に至るまで、対岸には幅約1キロメートルの瀬戸を隔てて蒲刈島の緑の山々が屏風のように立ちはだかり、瀬戸の急流を上下する船の姿を点景として浮き彫りにする見事な景観を見せてくれる。
 女猫島を目の前に見る犬戻の鼻への道や、戸田から小坪にかけての海岸沿いの道は、通り風の激しい冬季以外は絶好の散歩道。また、海峡を通る定期船上から両岸の風光を楽しむのもよい。
img35.jpg

前のページへ戻る