文化をめぐる−広島県の文化資源−

ブンカッキーネットへ

Windows Media Playerを入手するAdobe Flash Playerを入手する

本サイトを最適な環境でご覧いただくためにはMicrosoft Windows Media Player Adobe Flash Playerが必要です。

久井・矢野の岩海(くい・やののがんかい)

 久井の岩海は、宇根山(698.8メートル)の東南に位置し、標高が約500メートル前後の地域に分布している。この岩海は、3つに分岐された谷間からなっており、西側にある長さ約650メートル、幅約65メートルのものを「銭亀(ぜにがめ)ごうろ」、中にある長さ約350メートル、幅約35メートルのものを「中ごうろ」、東側にある長さ約350メートル、幅約100メートルのものを「大ごうろ」とそれぞれ呼んでいる。これら岩海の厚さは約2〜3メートル位であり、径は約1〜5メートル位である。
 矢野の岩海は、久井の岩海よりも径が大きく、約5メートル平均の巨礫が重なり合っている。岩海の厚さは約7メートル以上で延長は約70メートルである。
 また、ここには、ニホンキクガシラコウモリが生息していたので、古くから「コウモリ岩」と呼ばれている。
 これら久井・矢野の岩海は学術上非常にすぐれており、昭和39年(1964)に、国の天然記念物に指定されている。
img97.jpg

前のページへ戻る