文化をめぐる−広島県の文化資源−

ブンカッキーネットへ

Windows Media Playerを入手するAdobe Flash Playerを入手する

本サイトを最適な環境でご覧いただくためにはMicrosoft Windows Media Player Adobe Flash Playerが必要です。

西ガガラ遺跡(にしががらいせき)

 広島大学は昭和48年(1973)に東広島市の南郊、県史跡鏡山城の西に広がる丘陵地に統合移転を決めた。それに伴う埋蔵文化財の発掘調査を行っているが、昭和61年(1986)度は、アカデミック地区の南東に留学生の宿舎である国際交流会館の建設が予定され、西ガガラの遺跡が発見された。
 遺跡は、二上山から南に延びる丘陵のやや平坦部にあり、地表下1.5メートルの赤土層(第此Ν餐)に先土器時代(旧石器時代)の石器や石片が出土し、さらに直径10〜20センチの柱穴が多数みつかり、少なくとも6軒分の住居跡群が明らかとなった。先土器時代の人々は、狩猟を中心とした採集生活を行い、1ヵ所に定住したものではないとされていたが、西ガガラ遺跡の発見によって、ベース・キャンプのような形の集落も考えられるようになった。出土のナイフ形石器や台形様石器の形態的な特徴からみると、約二万年前のものと考えられる。同様な遺跡は、同教育学部の南側に残る松林の中にも広く分布する。(鴻巣(こうのす)遺跡)。
 また、この遺構の上層には、縄文早期の押型文土器や石鏃が出土し、この時期の住居跡も検出されている。
2_1_11001.jpg

前のページへ戻る