文化をめぐる−広島県の文化資源−

ブンカッキーネットへ

Windows Media Playerを入手するAdobe Flash Playerを入手する

本サイトを最適な環境でご覧いただくためにはMicrosoft Windows Media Player Adobe Flash Playerが必要です。

エデンの海(えでんのうみ)

 「わたし、本当に好きな人は、先生です」
 またたきもしない。かえって南条の目がたじろいだ。
 「きみは江波恵子を知っているだろ、『若い人』の・・・・・・あいつにかぶれてるな、どうだ」
 瀬戸の海に臨む忠海高女―竹原市の旧制女学校を舞台に、独身教師南条が教え子清水巴の中に「女」を見る。南条は聖職者としての分別、倫理感のはざまで悩む。
 作品の冒頭に引用されているように教師と女学生など人物設定がほぼ同じということから、石坂洋次郎の「若い人」の戦後版としてともに戦後の一時期、ブーム現象を起こした。
 この作品は作者にとって一枚看板みたいにもてはやされたが、作者自身は、この看板を取り払おうとして野の仏にとりつかれ、20年間の回り道の後、再び文学に戻り、長塚節研究に没頭した。
3_4_03001.jpg

前のページへ戻る