文化をめぐる−広島県の文化資源−

ブンカッキーネットへ

Windows Media Playerを入手するAdobe Flash Playerを入手する

本サイトを最適な環境でご覧いただくためにはMicrosoft Windows Media Player Adobe Flash Playerが必要です。

けん玉(けんだま)

 江戸時代、廿日市の木工業は傘用ろくろなどのろくろ細工を中心に発展した。明治10年頃には、ろくろ細工による木工玩具(当時の形のけん玉など)の製造も行われていた。大正7年広島県呉市の江草濱次氏が明治期のけん玉を改良した「日月ボール」を考案し、大正8年実用新案として登録した。その江草氏が廿日市を訪れ、廿日市市でのけん玉(日月ボール)作りが始まった。「太陽」を表す玉と、三日月型に彫った皿を「月」と見立てて、「日月ボール」と名付けられた。この「日月ボール」が、現在多くの人々に親しまれているけん玉の原形である。
12014.jpg

前のページへ戻る