文化をめぐる−広島県の文化資源−

ブンカッキーネットへ

Windows Media Playerを入手するAdobe Flash Playerを入手する

本サイトを最適な環境でご覧いただくためにはMicrosoft Windows Media Player Adobe Flash Playerが必要です。

洞雲寺の花祭り(とううんじのはなまつり)

 お釈迦様の誕生日(旧暦4月8日)を祝う縁日。旧暦4月上旬頃、農事を始める重要な時期に、田の神様を迎えるために行われた花祭りの民俗行事に由来すると考えられている。本堂前に生花で飾られた花御堂を作り、水盤上に誕生仏を乗せ、参拝者が頭上から竹板杓で甘茶を注いでお祝いする。また、この甘茶を飲むと邪気を祓うといわれている。花御堂や誕生仏は江戸末期から洞雲寺に伝わる伝統あるもの。花祭りにちなみ、門前に花や植木の市が開かれるのも特色の一つ。寺宝も公開されるほか、露店が参道周辺に軒を連ね、縁日は夜9時頃まで賑わう。
12012.jpg

前のページへ戻る