文化をめぐる−広島県の文化資源−

ブンカッキーネットへ

Windows Media Playerを入手するAdobe Flash Playerを入手する

本サイトを最適な環境でご覧いただくためにはMicrosoft Windows Media Player Adobe Flash Playerが必要です。

鎮火祭(ちんかさい)

 鎮火祭は、毎年12月31日の大晦日に御笠浜で繰り広げられる、勇壮な火難除けの祭りである。厳島神社での神事の後、神職が祓殿の祭壇の斎火を御笠浜に設けられた斎場に移す。そして、大松明に火を点け、その後に小松明にも火を点けていく。燃え盛る松明を担いだ参加者は、石鳥居から神社入口まで、およそ200メートルの参道を「たいまつヨイヨイ」の掛け声も勇ましく約30分間駆け巡り、その間御笠浜は火の海となる。参加者は燃え残った松明の一部をそれぞれ自宅に持ち帰り、火難除けのお守りとする。
12009.jpg

前のページへ戻る