文化をめぐる−広島県の文化資源−

ブンカッキーネットへ

Windows Media Playerを入手するAdobe Flash Playerを入手する

本サイトを最適な環境でご覧いただくためにはMicrosoft Windows Media Player Adobe Flash Playerが必要です。

管絃祭(かんげんさい)

 旧暦6月17日に行われる管絃祭は、厳島神社の神様を慰めるための海上渡御の祭りで、和船3隻をつないだ御座船の上で管絃が奏される。御座船は阿賀(呉市)と江波(広島市)の人々が漕ぐ3隻の漕ぎ船に引かれ、対岸の地御前神社に向かう。地御前神社の神事の後、宮島に引き返し、長浜神社、大元神社でそれぞれ神事を行う。その後、御座船は大鳥居をくぐって本社に戻り、客神社で神事を行い、客神社と回廊に囲まれた「枡形」で3回廻る。これが管絃祭のクライマックスであり、深夜の厳島神社は、参拝者の大きな拍手に包まれる。
12006.jpg

前のページへ戻る