文化をめぐる−広島県の文化資源−

ブンカッキーネットへ

Windows Media Playerを入手するAdobe Flash Playerを入手する

本サイトを最適な環境でご覧いただくためにはMicrosoft Windows Media Player Adobe Flash Playerが必要です。

厳島神社の舞楽(いつくしまじんじゃのぶがく)

 舞楽とは舞を伴う雅楽のことで、インドで発祥し、中国、朝鮮半島を経由して、奈良時代に伝来したものと考えられている。当初は朝廷の式楽であったが、次第に畿内の有力寺社でも演じられるようになっていった。厳島神社の舞楽は、平安時代末期、平清盛が四天王寺から伝えたものといわれている。現在厳島神社で演じられている楽曲は、振鉾、萬歳楽、延喜楽、太平楽、狛鉾、胡徳楽、蘭陵王、納曽利、甘州、林歌、抜頭、還城楽、桃李花、賀殿、一曲、蘇利古、散手及び貴徳の18曲。
12002.jpg

前のページへ戻る