文化をめぐる−広島県の文化資源−

ブンカッキーネットへ

Windows Media Playerを入手するAdobe Flash Playerを入手する

本サイトを最適な環境でご覧いただくためにはMicrosoft Windows Media Player Adobe Flash Playerが必要です。

仁方のヤスリ(にがたのやすり)

 江戸時代の末期、文政年間に仁方の一町民が、大阪から製法技術を習得し伝授したのが、仁方ヤスリの起源と言われている。このように、一町民の技術導入で、仁方地区が日本における、ヤスリの一大産地にまで発展したのは、当時、仁方には農鍛冶が繁栄しており、ヤスリの技術導入が容易であったこと、および農家が格好の副業として、下請的賃仕事に励んだことが、その後の発展に大きく寄与したものと考えられる。
当時は、現在のような機械設備はなく、経験と勘による手工業的生産方法によったが、小規模ながらも、企業段階へと移行したのは、明治20年代であると言われている。
明治40年に目立機が考案され、目立作業の開発がなされたことにより、次第に産地の形態を整えてきた。やがて、手動式自立機が、発動機による自動目立機に変わり、大正6年、仁方地区に電力が普及されるに及んで、完全に動力化された。
大正末期には、原材料の鍛造に圧延ロール機が導入されるに至って、生産方式は、鐚〇駛榲工業へと伸展した。
戦前までは、新潟、東京などもヤスリ産地として名をなしていたが、戦災で打撃をうけ衰退しました。仁方は戦争の被害が少なく、戦前からのヤスリの加工・製作機械の考案や技術革新により高品質のヤスリが大量にできるようになり、ヤスリの一大産地になった。
現在、仁方のヤスリは全国シェアの95%を占めていて、生産されたヤスリは、全国の機械、金属、木工、美術工芸関連の事業所等で使用されている。
02011.jpg
02011a.jpg

前のページへ戻る